UA-125421985-1

!!!5秒以上1分未満な物語!!!

ブログ小説第2弾です!今回は主人公がいますwずっと描きたかったテーマだったので…上手く表現できれば…と思います!

【KADODE】第12話異形の一つ目の前に立ちはだかった子供…

第12話

 

異形の一つ目の前に立ちはだかった

その子供は…

今、確かに自分の事を“カドデ”

と、言った。

 

『主システムKADODEか⁈

もう侵入者(自分)の存在を察知したか?

…この世界へやって来てまだ50秒ほどだった筈だが…』

 

しかし本当にKADODEなのか?

まだ確証は無い。

子供が空から降って来るなど…確かに普通では考えられないが…

今のこの夢想世界では何が起きても不思議では無い。

目の前のこの子供が本当にKADODEなら…

創主である主システムは手を焼く事無く、

イレギュラーである異形の一つ目を消去できる筈だ。

 

「女の子をイジメる悪い怪物ゎ退治しちゃうのだ!

…えぃ〜!!」

 

f:id:gouzo:20190110172601j:image

 

カドデと名乗る子供は、果敢にも

巨大な異形の存在に立ち向かう。

しかし…

巨人と子供では腕のリーチが違い過ぎる。

上手く素早さでカバーし、棍棒を回避し懐に入れればいいが…

 

トテトテと走って行ったカドデは…案の定

巨人の棍棒クリティカルヒット

その小さな体ごと投げ飛ばされてしまった。

 

『ホームラン…』

 

戦前賑わっていたベースボールという競技を連想させた。

 

「やはり…主システムKADODEでは無かったのか?

どこかで話だけが偶像と化して出回っているのか?」

 

あの子供がKADODEでは無いのだとすれば…

もう、そろそろ本物の監視システムが察知する筈だ。

 

「ここらが潮時か…」

 

先刻の子供の登場で、異形に追われていた少女は無事逃げ延びることができたようだ。

 

もう長居は無用…

痕跡を極力残さないよう、意識を集中し

帰還の動作へ移ろうとした時…

 

「あぅぅ…痛いよぅ…タンコブできた…

でも正義の味方は泣かないんだもん…ぅぅ」

 

ホームラン…否、異形により飛ばされた子供が起き上がり、再び一つ目の前へやって来た。

 

『打たれ強いな』などと無意味な感想が頭によぎったが…

2度目は無事では済まないだろう。

…にも関わらず子供は異形に向かって行く。

 

子供の足元はヨロヨロとおぼつなかい。

 

「皆が平和でいられる為に!カドデ戦うもん!」

 

カドデと名乗る子供が言い放ったその言葉に…

己の知らない意識の奥底が小さく波打った。

 

 

(13話へ続く)

 

【KADODE】第11話その存在は異形だった

第11話

 

少女を襲い追い迫って来た存在は…

異形の者だった。

人間ではない。

だが、獣ですらない…

 

3メートルに届くほどの巨体

粗末な端切れを体に纏い、屈強なその腕には巨大な棍棒が握られていた。

 

一見は伝記等に登場する巨人族のようだが…

小さめな頭には異質な特徴があった。

顔に連なる筈の二つ目は無く、代わりに一際大きく血走った目、一つが少女を捉えている。

 

「人間の亜種?戦時中なら…生体実験で

作られていてもおかしくないだろうが…

ここは夢想世界だ。

人間を殲滅する為の存在は必要無いだろうに…」

 

やはり…何かこの世界に異変が出てきているのだろう。

 

一つ目の異形は目の前の少女を叩き潰さんと、棍棒を思い切り振り上げる。

慄いた少女は足が縺れ地面に膝を突く…

 

f:id:gouzo:20190110172527j:image

 

少女を助ける使命は無いが…

少女は自分にとって敵では無い以上、可能な限り逃走の助力をしようと前に進み出んとした時…

 

上空から、甲高い子供の声が聞こえた。

 

 

子供の声はみるみる地上へ近付き、

そして姿を見せたと同時に地面へ着地…

否、着地に失敗し転がり落ちる。

 

「良い子をイジメる怪物め〜!

正義の味方!カドデちゃんが成敗してやる〜!」

 

空から降ってきた子供は、

ヨロヨロしながらも異形の一つ目の前に立ち塞がる。

 

 

(12話へ続く)

 

【KADODE】第10話幾重にも張り巡らせた防御システムを突破し夢想世界へ

第10話

 

幾重にも張り巡らされた防御システムを突破し、いよいよ夢想世界へ降り立つ。

 

「警報システムに感知されるまで…1分少々が限界か…」

 

夢想世界は…

現在から数百年前ほど遡る時代背景と酷似していた。

鉄臭さは、ほぼ感じられず…

木製を中心とした文化に留まっている様子だ。

 

「戦争や暴動が起きている様子は感じられないが…」

 

なぜが漠然と殺気が散在しているような気がする。

 

「盗賊の類が森に潜んでいるのか?」

 

f:id:gouzo:20190110172453j:image

 

遠方から、辛うじて小さな集落を一望できる小高い丘に降り立ったが、

集落とは反対に位置する小規模な森へ

向かうことにする。

 

「時間が無いな…せめて殺気の正体だけでも

確認出来ればいいが…」

 

そうして足早に移動しようとした矢先…

すぐ近くで人間…恐らく年若い女性の叫びを耳にする。

 

「襲われているのか?…やはり治安が悪くなっているのか…?」

 

自分には滞在時間が無く、叫びの主を救済する時間まで確保出来ないかもしれないが…

とにかく現場まで確認に行く。

 

叫びの主…少女が走ってこちら側までやって来た。

救済を懇願されては厄介だと…

本来であれば、隠れ様子を探るところだったが…

 

逃げる少女を追う存在に驚き、足が止まる。

 

それは…

ならず者や盗賊の類ではなく

まして、武装した軍隊でもない。

獣…

それも狼や熊など現存している種ではない。

否…

獣ですらない存在…

 

(11話へ続く)

【KADODE】第9話未だ理解不能な己の思いに引かれ…

第9話

 

未だ理解不能な己の思いに引かれ、

夢想世界へ降り立つ。

 

極力人の少ない郊外がいいだろう。

この世界の言語や文化…服装などは予め

最低限は読み取ったが…

アクセス可能な隙が極端に少なかった。

KADODEは人類の英知を集め作られたシステムだ。

外界からの干渉にも保護機能能力は高く

優秀程度の技術者ではシステムに近寄る事も出来ないだろう。

 

KADODEに次ぐ程の機能を内蔵する己のコンピュータでさえ、恐らくシステムに介入できる時間など1分程度だろう…

 

シールドをすり抜け、トラップを回避し

暗号を予想し…そして超高度なKADODEの

監視に発見される前に去る…

 

f:id:gouzo:20190108182551j:image

 

別に自分は敵ではないし、

最悪KADODEの侵入者警報が発令されたとしても…

人類にとって致命的な事にはならないだろう。

…だが、それでは開発技術者は起こされるだろうし、一時的に夢想も停止してしまう可能性もある…

まだ大事にはしたくない。

モニターに映し出された光景がバグなのか

どうか…

今はまだ裏付けの段階だ。

 

…そして何より

自分の中の興味が世界を覗きたいと

個人的な不可思議な思いへ駆り立てている

後ろめたさがあった。

 

本当に

こんな己の感情は初めてだ…

 

(10話へ続く)

 

【KADODE】第8話夢想世界へ…

第8話

 

「夢想世界へ行ってみたい」…など

突飛な思考が頭を過ぎる。

 

開発者の脳を夢から覚まし

プログラムを点検して貰えば済む事だ。

 

「けれど、その前に少しだけ観察しに行ってもいいのでは」

 

興味という芽が更に増す

 

「修正が本当に必要かどうか、確認しに行くだけ…」

「さほど重篤なトラブルで無いのなら…

寧ろ開発者を無理矢理夢から起こすのは

リスクがある…」

 

興味という芽は、今や虚無なる鋼の身体を

突き破り緑の葉を茂らせるとばかりに

育つ

 

その芽に引かれ

プログラム介入に挑む。

 

己は夢想空間の住人として

登録されていない。

侵入者だ。

上手くフェイクし、紛れ込み…

主プログラムが察知する前に離脱する。

 

“夢想プログラム”

 

人類史上全ての技術を注ぎ作られた

人工知能が作り出す虚構

夢想世界を構築し、人間の精神を

そこへ導く。

 

f:id:gouzo:20190108182524j:image

 

人間の精神以外は全て

この人工知能が作り出す幻だ。

夢想世界内の謂わば神と位置する管理者…

 

何故バクは発生したのか?

幾度も試行し、イレギュラーなど皆無であるはずだ。

まして人工知能に私欲など存在もしない。

 

致命とも呼べる世界大戦を教訓に

平和を願う世界を構築するプログラム…

 

夢想世界プロジェクト

人工知能プログラム名…KADODE

 

彼…は、今…

何を思うのか?

 

 

(9話へ続く)

 

【KADODE】第7話本来なら…

第7話

 

…本来なら、この莫大なプログラムを

開発した技術者にバグ解除や修正を頼みたい

ものだが…

 

当の技術者らはどこにも居ない

…否、夢想空間で第二の人生を

送っているのだ。

 

開発当初、技術者ら数名は管理として

現世に残る筈だった。

けれど皆…孤独に耐えられず

結局は夢想空間へ行ってしまった。

 

そうして最後に全てを

託されたのが自分だった…

 

機械は寂しさなど感じない

心が無いから乱れることもない

 

…確かに今日まで孤独など

感じた事も無かった。

体のどこか奥底で…何かが芽生える

感覚はあるものの

感情は未だ皆無と言ってもいい。

 

けれど、この奥底に芽生えた

…興味…

に近い感覚だけは

体内で着実に大きくなって

いくのを感じる。

 

これは…

プログラムされた使命なのか?

それとも…感情…なのか?

 

f:id:gouzo:20190108182447j:image

 

自分には、この何か…が理解できない。

自身の心を自身が最も理解できている

存在が…人間というものなのだろうか?

 

機械の自分に心など初から存在しないが…

否、そもそも心など

形容に過ぎないが…

 

 

(8話へ続く)

【KADODE】6話、人類の守護を任されている自分は…

 

【第6話】

 

人類の守護を任されている自分…

それは、ほぼ皆無であろう現実世界のシェルターの外…

壊滅している外界からの侵略者に対応する任。

 

もう一つは…

想定外の異常事態で、夢想空間が危機を迎えた際の対処。

 

「プログラムを調べてみる必要があるか…」

 

自身の体内には、この夢想空間を作り出す巨大システムに引けを取らない程度の高度なコンピュータが内蔵されている。

 

本来なら、夢想プログラムに介入するなど何人たりとも不可能な筈だ。

それ程までに高度で緻密なシステムだ。

 

しかし同じ程高度なコンピュータを持つ自分なら…内情把握程度の介入なら可能である。

 

自身から伸びる端子を夢想プログラムに接続する。

 

f:id:gouzo:20181218230736j:image

 

途端、洪水の様な情報量と侵入防止警機に気圧される。

並の機器ではここで回線ショートするが…

同じ速さで警機を一つずつ解除していく。

主プログラムへの直接介入や修繕は…

さすがに不可能だった。

今出来る事は…

先程見た、異様な光景の再確認と裏付け。

 

短期間での調査だったが、調べて分かった事…

 

“願いを叶える悪魔” 人々がそう呼ぶ存在を確認した。

“人間を千人殺した者には悪魔が何でも一つだけ願いを叶える”

この数百年の間の…いつしかで、その様な伝説が語られているらしい。

 

そのような…

世界に大混乱を招くプログラムが最初から組まれている筈は無い。

 

「これはバグだ…

完璧に作られた筈の夢想プログラムに…

重篤なバグが潜んでいた」

 

平和を第一に作られたプログラム…

人類の最後の願いとして、施行された計画だ。

 

もう二度と…あのおぞましい戦火へと

人類を向かわせたく無かった。

 

命令だから…

 

けれど、生体兵器である青年の願いでもあった。

 

…人々を守りたい…

 

 

(7話へ続く)