UA-125421985-1

!!!5秒以上1分未満な物語!!!

就寝前に妄創異世界を作りながら眠りに落ちます。第一弾は地下都市物語!主人公不在!オチ無し!…あるのは、ひたすら舞台設定です!20秒程で読み終わる一口サイズです。

300年後に来ちゃいました!!以下、一口サイズ物語!

f:id:gouzo:20181009002905j:image

 

【第62話】

 

 

(さ、さ、300年後〜〜⁈)

 

(ちょ、どんだけショートカットしてんのよ!)

 

 

まぁまぁ、

それだけ作者が書く事無いくらい

地下民達は平和だったって

事だとしとこうw

 

(でも〜!織姫さんとか、薬学青年とか…

ジェンソンさんは…仕方ないとして(⁈)

お馴染みの地下民達が…

もういないって事じゃん〜!

寂しいよぅ)

 

 

彼らの子孫達はいるよ。

ちゃんと命を繋いで、

300年も繁栄してるんだよ!

 

(でもでも…薬学青年と聖者さんの間には、

子孫できないし…)

 

コラ!勝手にカップルにしない!

 

f:id:gouzo:20181009121726j:image

 

それより、300年後の地下世界

じっくり見てみよう。

地下の拡大はここで終わるの。

 

(そうなの?そんな広いんだ♫)

 

説明が長くなるから、覚悟だよ♫

 

 

(63話へ続く)

 

この2人って何者⁈ 答え出ず!以下、一口サイズ物語!

f:id:gouzo:20181009001411j:image

 

【第61話】

 

さぁ、相棒!

ここから更に時を駆けてくよ!

 

 

(え〜⁈

やっと地下2階完成したばかりじゃない〜⁈)

 

 

そうも言ってられないの。

 

何せ、ここの作者は

乏しい想像力しかないから…

この物語も後半に来ちゃったんだよ。

 

(えぇぇ⁈ もっとゆっくりしたいのに〜)

 

さぁ、行くよ!

時の舟を漕いで漕いで〜!

 

 

(ぎゃぁぁ…いつまで漕ぐの?疲れたぁ)

 

f:id:gouzo:20181009121658j:image

 

 

作者が面倒がったからいけないのよ。

眠る前に適当に

妄想したクオリティらしいから。

 

(…あの作者は…頑張っても、

この程度のクオリティだと思うけど…)

 

 

 

ふぅ…

 

やっと到着だょ〜!お疲れ様♫

 

(え……て、……ここ。

 

 

 

…ドコデスカ〜〜〜⁈⁈⁈)

 

 

 

300年後の地下だよ♫

 

 

 

(ぇぇぇえ⁈)

 

 

(62話へ続く)

 

f:id:gouzo:20181009002504j:image

 

Gうーぞうです!( ´ ▽ ` )

早いもので、あっという間にブログ開始2ヶ月が経ってしまいました!

 

…と、言っても…

飛躍的な動きはなく…

淡々と月日が流れた…という状況ですw

 

あ、でも読者数は有り難い事に着々と増えて頂けまして!繋がりが増えて嬉しい限りです!

 

引き続き宜しくお願いします♫

サブブログも遊び心満載過ぎに同時進行してますので、ご興味あれば覗きに来て下さい!

https://www.ouzog.com

 

小さな公園♫素朴な暮らし♫以下、一口サイズ物語!

f:id:gouzo:20181008231942j:image

 

【第60話】

 

 

アミックさん家から、更に奥にも

住宅地はあるよ。

 

そっちは、崖沿いから反対側…

結界に近い場所なんだけど。

 

商店街から徒歩で

20分くらいは

離れてるから賃料も

かなり安めなの。

 

建物も比較的素朴なのが多いね。

 

隠居したお年寄りや、

駆け出しの若者とかが

主に住んでる地区だよ。

 

(え〜…じゃあ水汲みとか買い物とか…

凄く苦労しそうだね)

 

でも、大天使様は

奥まった地区で暮らす人々の為に、

奥にも小さな泉を

湧き出してくれたんだよ。

 

その泉を中心に

小さな公園もできたし。

 

その公園脇に凄く小さなお店だけど、

なんでも売ってる売店も建ったよ!

 

(良かった!これで体力少なくなった

お年寄りも

少しは生活し易くなるね!)

 

明るさは…

やっぱり大天使様の眠る穴から

湧き出る

光玉の影響で、

崖沿い中心が1番明るいんだけどね。

 

小さな公園脇のお店にも、

光玉が売ってるから、

一般民家のお家もそれなりには

明るいんだよ。

 

(光玉1個30円かぁ…4〜5日で消えるから…

1か月…ブツブツ)

 

あ、それに街灯も道沿いに

設置してあるんだよ。

もちろん光玉の街灯ね。

 

だから、どの道も明るいの。

各民家の軒先には、

綺麗な花を咲かせた

植木鉢も飾られてるし。

 

f:id:gouzo:20181009121618j:image

 

 

(高さもあって、広くて…

綺麗な街になったね♫)

 

 

(61話へ続く)

 

 

 

 

アミックさん一家のお引越し!以下、一口サイズ物語!

f:id:gouzo:20181008220958j:image

 

【第59話】

 

 

(地下2階の民家って、どう入手するの?)

 

基本は、店舗と同じく

自治政府から借り受けるんだよ。

 

地下民の中では、

土地を購入するって

概念が無いの。

 

元々は、大天使様のお眠りになる

結界内に

居候してる身だから…

 

自治政府がまとめ役になって、

区割りし、

スペースごとに借り受ける際の

賃料を設定して、

相応の金額を払って住むってシステム。

 

(じゃあ、自治政府だけが

儲かるじゃないか〜!)

 

違うよ。

それで、得た資金で

公共の施設を運営したり、

所得のでない人への支援に

充ててるんだよ。

 

借り受けシステムは、

1年〜50年契約と選択できるんだよ。

 

1年単位のは、普通の賃貸物件なイメージ。

 

50年は、ほぼ事実上の

買い上げみたいな感じ。

 

もちろん、余程で無ければ

契約終わっても、

再契約していけるしね。

 

それと、商業地区の賃料は

一般民家より

高いけど、

一般民家でも地区によっては、

賃料の差はあるの。

 

より、商業地区…崖沿い中央に

近いほど賃料も高いの。

 

逆に商店街から遠く

奥まった地区になるほど安くなる。

 

親子3世代で暮らす、

アミックさん家を見てみよう!

 

f:id:gouzo:20181009121528j:image

 

アミックさん家は、

中賃料地区に50年契約で

借り受けるみたいだね。

 

おばあちゃんと、30代のお父さんお母さん、

12歳のお姉ちゃんと10歳の弟。

 

(お!典型的幸せ家族だね)

 

二階建ての4LDKだよ♫

二階は夫婦の寝室と子供部屋。

一階はおばあちゃんの部屋とリビング!

 

賃料はそれなりにかかるけど、

お父さん家族の為に

お仕事頑張るみたい。

 

(わぁ!燃えてるね♫)

 

 

 

(60話へ続く)

 

 

 

 

「ヤッホー」「玉ヤー」あれ?ちょっと違う⁈以下、一口サイズ物語!

f:id:gouzo:20181008214708j:image

 

【第58話】

 

 

地下2階に来て、

子供達は「ヤッホー」とか

やまびこしてる。

声が反響するから、

珍しいんだね♫

 

2世代や3世代の子供達は…

(と、いっても2世代は

もう中年入っているけどね〜)

 

かつての地上の様子を知らないの。

 

生まれた時から、

狭い地下で過ごしてきて

そんな狭さが当たり前になってた。

 

 

だから…どんなに高く飛び跳ねても

天井に手が届かない、

巨大な2階の空間は、

人生初体験!

カルチャーショック状態なんだね。

 

反対に、

この結果内に自ら足を踏み入れた

初代の人間達は… 

 

(もう皆、白髪混じりだね〜)

 

地下2階の、広い石畳みの大通りや

商店街の街並みなど、

懐かしく感じてるみたい。

 

f:id:gouzo:20181009121442j:image

 

人間達がかつて

当たり前に暮らしてた、

作り上げてた文化を…

やっと少し取り戻せた…

そんな感じなのかな?

 

(人間達が皆で、

崖沿いに集まってるよ…お祈りしてる)

 

 

大天使様に感謝を伝えてるんだね。

 

 

(いつか、いつか…人間達にも再び

広い青空が見られたらいいのにね…)

 

 

 

(59話へ続く)

 

少女先生大喜び!新校舎♫以下、一口サイズ物語!

f:id:gouzo:20181008204537j:image

 

【第57話】

 

 

地下2階は、公共施設ももちろん充実だよ。

 

診療所も入院できる部屋数も増えて、

立派になったし。

(看護師さんも増えたんだよね〜)

 

自治役場も立派になったんだよ。

 

自治長さんを選挙で選んで、

役場二階には会議場を作ったり、

一階は色々な行政窓口ね。

 

(お役所さんだぁ…

ちょっと堅苦しい⁈)

 

自警団詰所も作ったよ。

 

今はまだ、

重大犯罪犯す人はいないけど…

ちょっとしたケンカは

たまにあるし、

ボヤ騒ぎもあるしね、

規模は小さいけど

腕に自信のある人が

本業兼務でやってるんだって。

 

あ!そうそう、

泉の存在もまた大事♫

 

当然、泉は崖沿い中央に広場として

立派な噴水が作られたよ!

 

また、水歩き売りなる

新手の商人もでてきて、

汲みに行く手間も

省いてくれるらしいの。

 

(商魂逞しいね〜♫)

 

聖者さんは、

1日1回泉が穢されないよう

お祓いもしてるらしい。

 

f:id:gouzo:20181009121409j:image

 

そして、地下民が2階に来た時に

一際歓声あげて喜んでたのが…

少女先生!

 

(ああ、30年経ってるから

元って付けてねw)

 

失礼だよ〜!

今でも少女先生…もとい、

少女校長は美しいよ♫

 

凛とした顔立ちに、

高く結い上げた長い髪…

黙ってれば、

美女なんだけど、

 

(うわぁ、喜びの余り踊って、

生徒達に止められてる)

 

校舎が立派になったから、

喜んでるんだよ♫

 

1階では校舎が古くなって、

修繕を求めてたけど…

もうすぐ2階に新しいのが

できるからと

我慢してたみたいだから…

 

校舎も三回建。

それと、保育園、初等校、高等校…と、

校舎もそれぞれ作られたの。

 

子供達が更に学を深められるって

少女校長喜んでるね!

 

 

 

(58話へ続く)

 

f:id:gouzo:20181016095549j:image

 

いつも、お立ち寄り感謝です(^^)

Gうーぞうです♫

 

超絶暇な時になど…この話しの過去作など遡って見て頂けたらなぁ〜(願望w)

 

さて、毎日この小説ブログと共に

「今日の雑談」も載せてきましたが、

サブブログも同時進行で発信するのに伴い

、雑談の方は不定期発信と

させて頂きますね💦

 

「あとがき」の意味合いで書いてきましたが…

ほぼ有益な情報をお届けできず…すみません。

 

時間ができた時には、(イラストも)また気まぐれに「今日の雑談」復活も

しようと思ってます!

 

小説ブログは引き続き毎日更新して

いきますので宜しくお願いします!

 

また、サブブログも発信開始しました。

こちらも(だいぶふざけた感じになってますが💦)良ければ覗いてみて下さい!

https://www.ouzog.com

地下2階探索♫以下、一口サイズ物語!

f:id:gouzo:20181008200602j:image

 

【第56話】

 

 

前に対岸沿いに

お店を持つ話したけど、

いくら抽選で

目当てのスペースゲットしたとはいえ

スペース代がタダってわけではないの。

 

 

特に大通りの

商店街スペースは

借りるための賃料が

他より高いんだよ。

 

f:id:gouzo:20181009121328j:image

 

その為に、商売やる人達は

何年も前から

新店舗への資金を

貯めとかなきゃいけなかったの。

 

パン屋さんも、

地下2階作る話しが決まってからは、

ずっとコツコツお金貯めてたんだよ。

 

その甲斐あって、

スペース賃料も払えたし

お店も地下1階のよりずっと

立派でおしゃれな

建物にできたの。

 

(石と木を組み合わせた

モダンな造りだぁ♫

店内も広いね〜!)

 

 

次はこっちね。

 

対岸の空間は、

生産スペースになってるの。

 

農場が主で、

他にも木工や陶芸、機織りなどの

工房の多くがこっち側に

構えられる予定。

 

牧場は…さすがにスペースを

取ってしまう事から、

ほぼ無人化するだろう

地下1階に羊達を放し飼いにするみたい。

 

あと、木工の素材となる

樹木も地下2階に植林するんだって。

 

(えぇ⁈ 木?)

 

地下1階では、

高さが足りなくて

植林できなかったけど、

2階なら高さもあるし出来そうって…

 

試験的に、

邪魔にならない場所に…

という事だけどね。

 

(そっかぁ、木は1番使うけど…

あの地上まで

行かなきゃいけないもんね。

2世代3世代の人たちは、

地上へは行けなさそう)

 

 

(57話へ続く)

 

 

f:id:gouzo:20181008203052j:image

 

こんにちは!Gうーぞうです(^。^)

特に何もなく日々過ごしてると、

話題といえば…

最近めっきり寒くなりましたね〜

…とかくらいしか思いつかないですねw

文才のないGです💦

 

 

☆☆☆☆☆♪二にゃ日記☆☆☆☆☆

「テちゃ!

私、大声文字攻撃できるようになったんだよ!

攻撃力高いんだよ!

巨人くらいなら倒せるの」

「テちゃ大好き〜!って文字が強いんだよ!

テちゃは、大声文字攻撃

…何て言葉使う?」

f:id:gouzo:20181015093021j:image